【医師監修】赤痢アメーバ症の症状や感染経路、潜伏期間を解説!

この記事を監修した医師
近都 真侑 
産婦人科医・産業医

近畿大学医学部卒業し、その後名戸ヶ谷病院で初期研修を経て千葉西総合病院と昭和大学の産婦人科にて勤務。ヤフー株式会社にて専属産業医を経て、JR東日本や株式会社ココナラなど述べ20社の産業医を歴任。

この記事を監修した医師
川原正行
川崎駅前レディースクリニック院長 / 産婦人科専門医・母体保護指定医

1998年岡山大学医学部卒業。岡山大学病院、広島中電病院、福山医療センターでの産婦人科研修を経て、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)にて医薬品・医療機器の承認審査に従事。こうのとりレディースクリニック、新宿レディースクリニックにて勤務の後、2021年より現職。

赤痢アメーバ症という感染症をご存知でしょうか。赤痢アメーバ症は、かつては日本でも猛威を奮っていた感染症ですが、現代の日本では衛生環境も向上しているため感染者数が少なくなっています。しかし、日本から撲滅されているわけではないため、油断をしていると感染する可能性があるので注意が必要です

今回は、赤痢アメーバ症の症状や感染経路、潜伏期間を解説します。

赤痢アメーバ症とは

赤痢アメーバ症は、赤痢アメーバ原虫という病原体に感染することで起きる感染症です。赤痢アメーバ症の感染者の多くは衛生環境が整っていない発展途上国に分布しており、全世界での死亡者数は毎年4〜7万人とされています。全世界では1%程度(約5000万人)が病気を発症する可能性のある原虫に感染しているといわれています。

日本での赤痢アメーバの感染者は1980年ごろから徐々に増えてきています。2001年には400人、2006年には700人を超え、2013〜2017年には1000人を超えるなど年々と増えているため油断ができない病気です。感染症法では赤痢アメーバ症は5類に分類され、診断をした医師は7日以内に保健所への届出が義務付けられています。

赤痢アメーバ症の症状

赤痢アメーバという原虫は、シストと呼ばれる卵のような状態で水や食物の中に数週間は生き延び、胃酸のような強酸でも死滅することはありません。胃から腸に達するとシストからトロフォゾイトという成虫のような状態へと変化し、腸粘膜を攻撃します。主に粘血便や下痢、しぶり腹、腹痛などの消化管症状だけでなく、消化管外の肝臓や心臓、肺など様々な臓器にも症状を引き起こすことが知られています。

こちらでは、赤痢アメーバ症が引き起こす主な症状について解説します。

アメーバ性大腸炎

赤痢アメーバ症による大腸炎では、下痢やイチゴゼリーのような粘血便、便が出たい感じがするのに少量の便しか出ないしぶり腹(テネスムス)、排便時の下腹部疼痛などの症状が出現します。潜伏期間としては2〜3週間とされていますが、数ヶ月〜数年と長期間になることもあります

このような症状が悪くなったり、よくなったりを数ヶ月から数年間にわたって繰り返しますことも特徴的です。赤痢アメーバと似た名前の感染症として細菌性赤痢がありますが、発熱や下痢などの全身症状があらわれて歩行が困難になるほど衰弱するのに比べると赤痢アメーバ症は歩行可能であったり、日常生活を営むことができるほど軽症であることが多いです。そのため、赤痢アメーバ症の診断が遅れることがあります。

アメーバ性肝膿瘍

赤痢アメーバは腸粘膜を攻撃し、血流に乗って肝臓などの臓器にたどり着くことがあります。そして肝臓で増殖し、肝臓の中に膿瘍と呼ばれる膿の塊を形成することがあります。それによって発熱や上腹部痛、肝腫大、盗汗と呼ばれる大量の寝汗などの症状が起きます。

発症初期は風邪やインフルエンザのような症状であるため誤診されることが多いですが、上腹部痛が起きてCT検査などの画像診断で肝膿瘍が発見されることがあります。肝膿瘍の原因は赤痢アメーバ以外にも細菌などでも起こるため、治療が難渋することもあります。

赤痢アメーバ症の感染経路

赤痢アメーバ症を予防するためには感染経路を理解しておく必要があります。赤痢アメーバは、経口摂取によって体内に入って腸管で増殖し、一部が糞便と一緒に体外へ排出されます。そのため、衛生環境が整っていない発展途上国での感染者数が多い傾向です。しかし、先進国でも赤痢アメーバに感染することがあるため注意が必要です。こちらでは、赤痢アメーバ症の感染経路を解説します。

汚染された食事

赤痢アメーバ症の患者さんからは糞便とともに赤痢アメーバが排泄されています。そのため、上下水道のインフラが十分に整っていない地域では赤痢アメーバに汚染された水や食事によって感染することがあります。日本などの先進国で感染者数が少なく抑えられているのは衛生管理が整っていることが要因です。

性行為

糞便として排泄された赤痢アメーバは、肛門付近に付着していることがあります。そのため、肛門を介した性行為が赤痢アメーバ症の感染経路となることがあるので注意が必要です。日本やアメリカなどの先進国での赤痢アメーバ症の感染者は、発展途上国からの帰国者よりも男性同性愛者に多いため、赤痢アメーバ症は性感染症というイメージが定着しています。

赤痢アメーバ症の注意点

赤痢アメーバ症は、糞便が感染源になるため手洗い、消毒などの基本的な感染予防法が有効です。赤痢アメーバのシストは乾燥に弱く、1分以上の煮沸によって死滅します

こちらでは、手洗い、消毒などの基本的な感染症予防法だけではない赤痢アメーバ症の注意点を解説します。

海外旅行の時には注意

上下水道などのインフラや衛生管理が整っていない発展途上国へ旅行する場合には、飲食に注意してください。火が十分に通っていない食べ物や生水などは赤痢アメーバに汚染されている可能性があるので避けた方がいいでしょう

性行為に注意

赤痢アメーバ症は、性行為によって感染することがあるため注意が必要です。特に、糞便中に赤痢アメーバが排泄されるため肛門に触れたり、肛門を介した性行為をしたりすると感染リスクが高くなります。不特定多数の相手との性行為を避けたり、コンドームの着用をしたりすることも重要です

気になることがあれば医療機関へ

赤痢アメーバ症は、診断までに時間がかかり、肝膿瘍などでは長期の治療が必要になることもあります。また、家族やパートナーを感染させることもあるので早めの治療が重要です。赤痢アメーバ症は、適切な治療を行うことで治る病気なので海外旅行や性行為などのあとで粘血便や下痢症状などこの記事を読んで思い当たる節がある場合には医療機関を受診してください。

まとめ

赤痢アメーバ症は、日本での感染者数が1000人にも満たないため知らない人も多い感染症です。しかし、全世界でも5万人程度が死亡し、日本でも感染者数が増えてきているので油断できない感染症でもあります。赤痢症状、下痢症状などの消化器症状だけでなく肝膿瘍などを起こすことがありますが、症状としては軽症で済むことが多いです。

感染経路としては、赤痢アメーバに汚染された水や食物を摂取、性行為があり、衛生管理が整っていない発展途上国や男性同性愛者で感染者数が多い傾向です。そのため、発展途上国へと旅行する場合には火が十分に通っていない食事や生水は避け、食器等の洗浄にも気をつけてください。性行為についてもコンドームの使用や肛門付近には触れないようにした方がいいでしょう。

気になることがあれば医療機関へ受診してください。

赤痢アメーバ症かな?と思ったら

もしあなたが「赤痢アメーバ症かも……。」と不安になっても忙しくて病院に行けないなら、おりもの郵送検査キット『FemCHECK』をお使いください。

産婦人科医の開発した『FemCHECK』は、性感染症への感染やおりものの異常の原因を調べることができるだけでなく、この検査結果を用いた診断や処方もオンラインで行うことができます。

すぐに病院に行くほどの痛みやかゆみ、異常ではないが、不安や違和感がある方はぜひこちらの『FemCHECK』をお試しください。

https://luna-dr.com/femcheck/

参考文献