【医師監修】治療法はある?伝染性単核球症の治療法や検査方法、再発などを解説

この記事を監修した医師
近都 真侑 
産婦人科医・産業医

近畿大学医学部卒業し、その後名戸ヶ谷病院で初期研修を経て千葉西総合病院と昭和大学の産婦人科にて勤務。ヤフー株式会社にて専属産業医を経て、JR東日本や株式会社ココナラなど述べ20社の産業医を歴任。

この記事を監修した医師
川原正行
川崎駅前レディースクリニック院長 / 産婦人科専門医・母体保護指定医

1998年岡山大学医学部卒業。岡山大学病院、広島中電病院、福山医療センターでの産婦人科研修を経て、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)にて医薬品・医療機器の承認審査に従事。こうのとりレディースクリニック、新宿レディースクリニックにて勤務の後、2021年より川崎駅前レディースクリニック院長。

伝染性単核球症という病気をご存知でしょうか?

主にエプスタイン−バーウイルス(EBV)というヘルペスウイルスの仲間に感染することで発症する病気です。エプスタイン−バーウイルス(EBV)に感染しても多くの人は発症しませんが、一部の人が伝染性単核球症を発症してしまいます。実際に伝染性単核球症を発症した場合に治療法は存在するのでしょうか?

今回は、伝染性単核球症の検査方法や治療法などを解説していきます。

伝染性単核球症はキスで感染する

伝染性単核球症は、エプスタイン−バーウイルス(EBV)が唾液が口腔粘膜に付着することで感染する病気であるためキス病という別名が存在します

唾液が感染源であるためスプーンや箸、コップなどを使い回しすることでも感染する可能性があります。日本やアメリカなどの先進国では子供時代に感染していることも場合も多いですが、思春期になって初めて伝染性単核球症になることもあります。

伝染性単核球症の検査方法

伝染性単核球症の検査方法としては、EBV抗体検査という血液検査があります。その他には、症状などを見て総合的に診断することが多いです。よく見られる症状としては発熱、咽頭炎、頸部リンパ節腫脹、肝腫大、脾腫などがあります

伝染性単核球症の治療法はある?

伝染性単核球症は日常生活において感染リスクが大きい病気ですが、治療法は存在するのでしょうか?

自然治癒することが多い

伝染性単核球症はほとんどの場合では2週間ほどで自然に治ります。しかし、10%の割合で数ヶ月症状が続く場合もあるので注意が必要です。

直接的な治療法は存在しない

伝染性単核球症に効果的な治療法は現在まで存在していません。あらわれた症状に対処する対症療法が主な治療法であり、痛みや熱を抑えるイブプロフェンやアセトアミノフェンなどの解熱鎮痛薬を使用されます。症状が重い最初の1〜2週間は安静にして症状が落ち着くまで様子を見ていただく必要があります。

重症例にはステロイドを使うことことも

HIV患者などの免疫不全を起こしている患者さんの場合には伝染性単核球症によって重症になることがあります。その場合にはコルチコステロイドを投与して炎症によって生じる合併症を抑えることができます。

激しい運動はしない

伝染性単核球症になった患者さんのうち半分は脾臓が腫れることがあります。ほとんどの場合、脾臓が腫れても症状があらわれないですが、激しい運動やお腹に圧力がかかる重いものを持ち上げる動作によって脾臓が破裂することがあります。そのため、伝染性単核球症と診断された場合には完治するまでは激しい運動は避けて安静にした方がいいでしょう

伝染性単核球症は再発することがある

伝染性単核球症は一度感染すると免疫ができるため再発することはほとんどがありませんが、他のヘルペスウイルスと同様にウイルスが体外から完全に排出されないことがあります。EBVはB細胞に生涯にわたって潜伏し、ごく稀に再発することがあります。

ストレスを溜めない

ストレスや疲れが過剰に溜まると免疫力が低下することがあります。免疫力が低下するとB細胞に潜伏していたEBVが活性化して伝染性単核球症が再発する可能性があるので注意が必要です。生活習慣の乱れでもストレス耐性や免疫力が低下することもあります。そのため、ストレス対策と並行して食生活の改善、運動習慣を身につける、適切な睡眠時間の確保などの生活習慣の改善も行った方がいいでしょう

気になることがあれば医療機関へ

日本人の90%以上は生涯に一度は感染することがあるため、成人であれば多くの人が伝染性単核球症に対して免疫を持っていることが多いです。また、感染してもほとんどの場合で無症状か、風邪に似た症状で済むことが多いでので過度な心配をする必要はありません。

しかし、まれに重症化することがあるため気になることがあれば、医療機関へ相談してみるといいでしょう

まとめ

伝染性単核球症は、エプスタイン−バーウイルス(EBV)というヘルペスウイルスの仲間に感染することで発症する病気です。エプスタイン−バーウイルス(EBV)は、唾液が口腔粘膜に付着することで感染することがあるためキスや食器の使い回しによって感染する可能性があります。

そのため、食器を共用しない、不特定多数とキスや性行為をしないという対策ができます。症状は比較的軽症で済むことが多いですが、特別な治療法やワクチンが存在しないため自然治癒を待って安静にすることが1番の治療法です。しかしまれに、重症化したり、重大な合併症があらわれたりすることがであるため気になることがあれば早めに医療機関へ受診してください。

伝染性単核球症(キス症)かな?と思ったら

もしあなたが「伝染性単核球症かも……。」と不安になっても忙しくて病院に行けないなら、おりもの郵送検査キット『FemCHECK』をお使いください。

産婦人科医の開発した『FemCHECK』は、性感染症への感染やおりものの異常の原因を調べることができるだけでなく、この検査結果を用いた診断や処方もオンラインで行うことができます。

すぐに病院に行くほどの痛みやかゆみ、異常ではないが、不安や違和感がある方はぜひこちらの『FemCHECK』をお試しください。

https://luna-dr.com/femcheck/

参考文献