アフターピルの料金・価格は?薬局や通販の市販薬について解説!

アフターピルの料金は、自費扱いになるためクリニックによってさまざまです。インターネット上では、個人輸入の通販サイトで安く販売されていることもあります。

アフターピルが欲しい方の中には「どのくらいの価格なのか知りたい」「ネットで安いものもあるけど安全なの?」「アフターピルは薬局で買える?」など、疑問を持たれる方が少なくありません。

ここでは、当クリニックのアフターピルの料金設定や通販サイトで安いピルを購入するリスク、薬局での購入について解説します。

アフターピルとは

アフターピル(モーニングアフターピル)は、中だしのあった性交渉後に服用することで、避妊効果が得られる緊急避妊薬のことです。妊娠の可能性がある性行為をしてから、アフターピルを服用するまでの時間が早いほど効果高く、24時間以内の服用で95%の避妊率といわれています。

アフターピルは緊急避妊ピルやモーニングアフターピルとも呼ばれ、日本では歴史が浅く、2011年に認可されました。

避妊に失敗したときや性被害にあった女性にとっては、望まない妊娠から守るための最終手段といえるでしょう。

参照元:WHO「Emergency contraception」

日本産科婦人科学会「緊急避妊法の適正使用に関する指針

Piaggio G「Timing of emergency contraception with levonorgestrel or the Yuzpe regimen. Task Force on Postovulatory Methods of Fertility Regulation

アフターピルについてはこちらの記事で解説しています。

アフターピルの料金

アフターピルは保険が適用されません。自費なので、クリニックによって価格に幅があります。

アフターピルの価格相場は、海外製ジェネリック<海外製ノルレボ<国内製ノルレボのジェネリック品<国内製ノルレボの順に高い傾向にあり、安いものだと5,000円~、高いものだと30,000円程度のものまでさまざまです。

当クリニックは、国内製・海外製ジェネリックなど、あわせて3種類のアフターピルを用意しています。

 避妊効果のある時間来院金額オンライン診療
ノルレボ(国内製)72時間以内20,000円×
アイピル(海外ジェネリック品)72時間以内8,000円×
エラワン(海外製)120時間以内13,000円13,000円

なお、オンライン診療にて処方できるアフターピルは、中だし後120時間まで避妊効果が期待できるエラワンのみです。

エラワンは、欧米では知名度がもっとも高いアフターピルで、避妊効果が高いことで知られています。

来院時には、問診票を記入し診察後にアフターピルが処方されます。

オンライン診療では、チャットによる問診があり、問題なければアフターピルを注文できます。

 個人輸入・通販は偽薬に要注意!

アフターピルは、インターネット上で個人輸入をしている通販サイトで、安く売られていることがありますが決しておすすめできません。

個人輸入の薬は、ニセ薬や、有害な成分が入った薬、ホルモンの含有量が異なる薬などのケースが多発しており、厚生労働省から注意喚起がされています。これらの場合は、避妊効果が得られず、正しく服用したとしても妊娠をしてしまう可能性があるのです。また、健康被害をもたらす可能性もあります。

当然ですが、これらの薬を服用して、妊娠してしまっても返金されることはありません。

さらに「即日発送」と書かれていても海外からの発送だった場合、避妊効果のある期間内に薬の到着が間に合わないといった失敗談もあるようです。

また、クリニックで処方された薬を友人に譲ってもらうことや、フリマサイトなどによる医薬品の売買は違法です。

安かったとしても通販で薬を手に入れるのは、おすすめできません。クリニックに行く時間がない忙しい方は、オンライン診療を利用してアフターピルを入手してください。当クリニックでは、処方されたアフターピルを正しく服用したのに、妊娠してしまった方には返金制度を設けてあります。

参照元:厚生労働省「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

アフターピルは薬局で買える?

現段階では、日本の薬局で市販薬としてのアフターピルの扱いはありません(2020年12月現在)。

諸外国では、低用量ピルやアフターピルなどが薬局で手軽に購入できる国もあります。

日本でアフターピルが薬局で買えない理由は、ピルの悪用や濫用、避妊具の使用が減り性感染症リスクが増えることへの懸念などがあります。

しかし現在、薬局で購入できるよう前向きに検討がなされており、将来的には処方箋なしでアフターピルが買えるようになるかもしれません。

参照元:医療ガバナンス学会「Vol.213 緊急避妊薬、薬局での販売を検討へ

アフターピルは24時間対応のオンライン診療がオススメ!

アフターピルの料金は、どのクリニックでも自費なので、5,000~30,000円とクリニックや種類によって幅があります。

当クリニックでは、下記を扱っています。

  • ノルレボ(国産・72時間以内に服用):20,000円
  • アイピル(海外製ノルレボジェネリック):8,000円
  • エラワン(海外産120時間以内に服用):13,000円

アフターピルは、中だししてから服用までの時間が早いほど避妊の成功率が高いので、「できるだけ早く飲む」ことが重要です。忙しくてクリニックに行けない方は、24時間対応のオンライン診療をオススメします。

またアフターピルは薬なので、副作用が出ることがあります。吐き気や生理の乱れなどが主な副作用ですが、心配な方は受診時にご相談ください。

また個人輸入などのオンラインストアでは偽薬のリスクが高く、避妊効果が得られるとは限りません。必ずクリニックの診察を受けて処方してもらいましょう。

診療内容

※ 当院では、乳房に関すること・更年期障害治療・専門的な不妊治療は行っておりません