【2024年2月最新 】ベビーソープおすすめ人気ランキング7選!選び方のポイントを紹介

揺らぎがちな赤ちゃんのお肌をモチモチに保つためには、毎日のお風呂の時間が非常に重要です。
今回はベビーソープの選び方とおすすめ7選を紹介します。

ベビーソープの特徴

ベビーソープとは、大人と比べてデリケートな赤ちゃんのために余分な成分を排除して低刺激に作られた石鹸のことです。

優しい成分で揺らぎがちな赤ちゃんのお肌を優しく洗い流すことを目的に作られているので、安心して使うことができます。

赤ちゃんの肌はデリケートなため、大人よりも刺激に弱い

低刺激な石鹸が使われる。
(商品毎に特徴があるので、見極めが大切!)

ベビーソープを使う時期

敏感肌の子は肌の炎症が落ち着くまでは、刺激の少ないベビーソープを使い続けることがおすすめです。

一般的には乳児期(1か月)から幼児期(3歳)まで使うことが多い。

子供の肌の状況によってはより早く、より遅くまで使う。

ベビーソープを選ぶ時のポイント

ベビーソープを選ぶ時のポイントは2つあります!

ベビーソープのタイプ別特徴を確認しよう!

ベビーソープには大きく3つのタイプ(泡・固形・液体)があり、それぞれの特徴を理解した上で
最適な商品を選びましょう!

固形タイプ

固形タイプは余分な成分が少なく、お肌が敏感な赤ちゃんにピッタリ!

メリットデメリット
①添加物が少ない
②長持ちする。
①泡立てる必要がある
②つっぱりやすいのもある

泡タイプ

泡タイプは使いやすさが特徴!

メリットデメリット
①泡立てる必要がない①減りが早い
②残量の確認が難しい

液体タイプ

液体タイプは泡立ちが良い

メリットデメリット
①泡立ちが良い。
②残量が簡単にわかる。
①泡立てに時間がかかる。
②洗い残しが肌に悪影響

赤ちゃんのお肌に合わせた成分の把握をしよう!

赤ちゃんのお肌(皮脂多め・敏感肌・アトピー)に適した商品の選び選び方をしましょう!

敏感肌やアトピーの場合→固形タイプがおすすめ

  • 刺激が少ないもの
  • 天然由来成分でできているもの

皮脂が多い場合→しっかりと洗いやすい泡タイプがおすすめ

刺激が強すぎるものはNG → 下記の成分表を確認!

お肌に良い・負担の少ない成分お肌に良くない成分
カリ石ケン素地(洗浄・石鹸)ラウレス硫酸Na(洗浄・旧表示指定成分)
石けん素地(洗浄・石鹸)ココイルサルコシンNa(洗浄・旧表示指定成分)
塩化Na(整肌)オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(洗浄)
ケイ酸Na(整肌)(C12-15)パレス-3硫酸Na(洗浄)
ラベンダー油スルホコハク酸ラウレス2Na(洗浄)
ラウロイルメチルアラニンNa(洗浄・アミノ酸系) EDTA-2Na(キレート剤・旧表示指定成分)
ラウロイルメチルアラニンTEA(洗浄・アミノ酸系) EDTA-4Na(キレート剤・旧表示指定成分)
カプリル酸グリセリル(乳化剤) エチドロン酸(キレート剤)
セラミド2(保湿)ペンテト酸5Na(キレート剤)

石鹸タイプ別におすすめ厳選ベビーソープを紹介

固形タイプ(敏感肌の方、アトピーの方におすすめ)

1位 mitera organics baby soap

特徴・使用期間目安・香料・口コミ・価格
特徴:
 miteraシリーズ楽天ランキング2冠獲得! 皮膚科専門医の徹底監修のもと、石油系成分、合成界面活性剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、防腐剤、一切不使用の完全無添加商品。商品に拘り抜いているからこそできる、15日間の返金保証付き。
使用期間目安:
 1か月(50g)
香料:
 Natural Fragrance
口コミ:
 高評価– 生まれた時から、おむつかぶれとか全体的に肌弱めさんでした。
でも、この子でもミテラベビー使ってから落ち着いた気がする。
価格:
 モニター価格2980円(通常価格4500円)

2位 アトピコ スキンケアソープ

特徴・使用期間目安・香料・口コミ・価格
特徴:
 赤ちゃんの肌にも使える低刺激性の透明枠練り石鹸。 肌の必要なうるおいを取り過ぎず、きちんと汚れを落とすのが特徴。 精製ツバキ油配合でうるおいを保ち、つっぱり感、カサつき感がないのも魅力的!
使用期間目安:
 1か月半(80g)
香料:
 無香料
口コミ:
  Amazonレビュー★4.3  
 高評価– 強い刺激は無く、余計な香りもありません。アトピーで乾燥肌の私に最適な石鹸です。
 低評価– 入浴後痒いとのことで、合いませんでした。 泡立てネットに入れて使っていました。
      使用後はお風呂場にかけているのですが、溶けて1ヶ月もたたないうちに無くなりました。
価格: 
 Amazon価格:1000円 Rakuten価格:791円+648円(送料)

泡タイプ(皮脂が多い方向け)

1位 まも肌 ベビー泡ソープ

特徴・使用期間目安・香料・口コミ・価格
特徴:
 顔・身体・髪全てに使用でき、敏感肌の赤ちゃんにも嬉しい低刺激が特徴。
使用期間目安:
 1か月(400mL)
香料:
 無香料
口コミ:
  Amazonレビュー★4.3
 高評価– 3ヶ月の娘と自分の洗顔に使用中。 乳児湿疹知らずで洗い上がりもしっとり。
つっぱる感じは全くありません。
 低評価-アトピー肌に使用した。悪化こそしなかったが、特によくはならなかった。
匂いが枝豆?足?のような独特さがある。
価格:
 Amazon価格:1320円  Rakuten価格:1320+送料(500円)

2位 まも肌 キューピー全身ボディソープ

特徴・使用期間目安・香料・口コミ・価格
特徴:
 全身に使用でき、牛乳石鹸の無添加&低刺激処方! キューピーは泡タイプ以外にも、固形石鹸も販売しているのが特徴。
使用期間目安:
 1か月(400mL)
香料:
 無香料タイプ、石鹸の香りタイプの2種類がある。
口コミ:
  Amazonレビュー★4.5
 高評価– 肌が弱い息子ですが、特に問題なく使用できています。
 低評価– 手が荒れてしまい、手湿疹になってしまった。 泡がゆるくてあらいづらい。
価格:
 Amazon価格:825円   Rakuten価格:638円+490円(送料)

液体タイプ

1位 ママベビー ボディソープ

特徴・使用期間目安・香料・口コミ・価格
特徴:
 70年の歴史を持つ医療機関向け製薬会社がつくる使い心地のよさと、泡立ち、泡切れに拘った商品。 髪や顔など、全身に使用できるのも大きな特徴。
使用期間目安:
 2か月(500mL)
香料:
 アロエベラ
口コミ:
  Amazonレビュー★4.3
 高評価– 肌に優しいと思いますし、泡立たてなければいけませんが、オーガニック製品でかなりコスパがいいと思います。  
 低評価– この商品の何がいいのかわからないです。。。ベビーパウダー?の匂いなのか?
なんなのか。。。物凄く強烈でお風呂場がしばらく臭い。
乾燥もするしお風呂上がりのボディークリームも浸透しないで、肌の上で白く残ります。
価格:
 Amazon価格:1870円   Rakuten価格:1870円+550円(送料)

2位 neobaby ベビーソープ&シャンプー

特徴・使用期間目安・香料・口コミ・価格
特徴:
 100%自然素材、馬油をベースにアロエやコメヌカなどで手作りした、泡立てずに使える無添加液体石鹸。 乾燥しやすい赤ちゃんはもちろん、敏感肌のご家族も全身潤しながら洗えるのが特徴。
使用期間目安:
 1か月(300mL)
香料:
 ラズベリーとサイプレスの香り
(自然素材を使用した製品のため、収穫時期により多少色や香りが変わる。)
口コミ:
  Amazonレビュー★4.3
 高評価– 強い刺激は無く、余計な香りもありません。アトピーで乾燥肌の私に最適な石鹸です。
 低評価– 入浴後痒いとのことで、合いませんでした。
価格:
 Amazon価格:1000円   Rakuten価格:791円+648円(送料)