避妊法の種類│避妊効果やメリット・デメリットを徹底解説

この記事を監修した医師
近都真侑
近都 真侑 
産婦人科医・産業医

近畿大学医学部卒業し、その後名戸ヶ谷病院で初期研修を経て千葉西総合病院と昭和大学の産婦人科にて勤務。ヤフー株式会社にて専属産業医を経て、JR東日本や株式会社ココナラなど述べ20社の産業医を歴任。

この記事を監修した医師
川原正行
川崎駅前レディースクリニック院長 / 産婦人科専門医・母体保護指定医

1998年岡山大学医学部卒業。岡山大学病院、広島中電病院、福山医療センターでの産婦人科研修を経て、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)にて医薬品・医療機器の承認審査に従事。こうのとりレディースクリニック、新宿レディースクリニックにて勤務の後、2021年より川崎駅前レディースクリニック院長。

妊娠は人生のライフイベントとして大きなものであり、今後の人生を大きく変える出来事です。そのため、妊娠を望まない家庭やカップルにとって避妊は、自身の心と身体を守るために必要な行為です。しかし、日本の教育では適切な避妊を学ぶ機会が少なく、避妊の重要さや避妊具ごとのメリット・デメリットを正しく理解している人は少ないでしょう。

この記事では、安全に避妊するための方法をはじめ、避妊の種類や効果について詳しく解説します。

避妊とは

避妊とは、妊娠を希望しない家庭やカップルが性交をする際に妊娠をしないよう対策を講じることをいいます。避妊は、望まない妊娠を避け、自分で選択した時期に子どもを産めるようにするために重要なものです。

妊娠を希望していない場合に妊娠してしまうと、経済的な理由や倫理的な問題などによって子どもを育てられず、堕胎することも検討しなければいけません。堕胎は、女性にとって身体的・心理的に大きな負担になります。望まない妊娠を避けることで自分の心と身体を守ることにつながるため、避妊に関する知識は非常に大切なのです。

避妊法の種類

現代ではさまざまな避妊法がありますが、完全に避妊できる方法は確立されていません。しかし、避妊法の中でも有効性が高いものがあり、正しい方法で避妊を行えれば高確率で妊娠を避けることが可能です。

ここでは、避妊法の種類とその効果、メリット・デメリットについて解説します。

ピル(経口避妊薬、OC)の避妊効果

ピルとは、女性ホルモンを構成している卵巣ホルモンと黄体ホルモンが含まれているホルモン剤のことです。女性ホルモンが月経周期をコントロールしていますが、ピルを服用することによって排卵を司る視床下部・下垂体・卵巣系に働きかけ、卵胞の発育と排卵を抑制できるため、月経周期を自主的にコントロールできます。

また、頸管粘液には精子を取り込む働きがありますが、ピルの服用によってその性状を変化させて精子が子宮内に入ることを妨げられます。さらに、着床に必要な子宮内膜の肥厚を妨げ、着床しにくい環境をつくります。

ピルのメリット・デメリット

ピルを服用するメリットは、適切に医師の診察を受け、正しく服用することで、99%以上の高い避妊効果が認められていることです。避妊以外にも生理痛の軽減、月経全症候群の改善、肌荒れ改善、子宮内膜症の予防、卵巣・子宮がんの予防などもメリットとして挙げられます。

一方で、デメリットとしては、毎日決まった時間にピルを服用しなければならないことです。服用を怠ると、避妊効果がないため注意してください。ピルには、吐き気や頭痛などマイナートラブルもあります。症状には個人差があり、1~2ヶ月程度で治まりますが、長引くようであれば医師に相談してください。

また、ピルの処方は保険適応外であり自費診療になるため、長期的に服用する場合は大きな出費となります。

コンドームの避妊効果

コンドームによる避妊法は、日本で最も流通されている手ごろで簡単な避妊方法です。正しいタイミングと着用方法でおよそ98%の避妊効果を得られるとされています。ゴムやポリウレタン製の袋状のものを勃起したペニスに覆い被せることで、射精の際、膣内に精子が進入することを防げます。

しかし、穴があいているなどの不良品を使用した場合をはじめ、着用のタイミングを間違えたり、性交中にコンドームが破れたりした場合は、避妊に失敗する可能性があります。コンドームは男性主体の避妊法であるため、パートナーの協力が必要不可欠になります。

コンドームのメリット・デメリット

コンドームのメリットには、安価でコンビニやドラックストアなどで安易に手に入りやすいという点があります。また、避妊だけでなく、性感染症も予防できる点も魅力的です。副作用もないため、最も手軽に利用できる避妊法でしょう。

デメリットとしては、パートナーの協力なしでは避妊効果は得られない点が挙げられます。性行為は必然的に女性側が受け身になるため、男性側が快楽を求めるあまりに避妊に協力してもらえない場合が考えられます。お互いがしっかりと避妊について話し合いをすることが必要です。

また、前述した通り、性行為中にコンドームが破れたり、着用するタイミングを誤ったりすると避妊効果はないため注意しましょう。

避妊リング(IUS・IUD)の避妊効果

長期的な避妊を希望するのならば、避妊リングが有用です。避妊リングには、IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)とIUD(子宮内避妊器具)の2種類あります。それぞれ避妊効果は99%以上で、ピルに次ぐ避妊効果の高さです。

IUSは、黄体ホルモンを子宮内に放出させることで避妊効果を得ます。一方で、IUDは、精子に働きかけて受精能力をなくしたり、着床を防いだりして避妊します。いずれも女性主体で行えるため、子どもを産み終わり長期に避妊が必要な女性や、中絶経験がある女性などからよく活用されています。

また、いずれも医師による装着・除去が必要ですが、一度の挿入で3~5年の避妊が可能になります。挿入位置がずれると避妊効果が低下するため、定期的なメンテナンスは必要です。

避妊リングのメリット・デメリット

避妊リングのメリットは、前述した通り、高い避妊効果と長期的に避妊できることです。定期的なメンテナンスは必要ですが、避妊に関して不必要に悩まずに済みます。また、ピルのように飲み忘れを気にする必要もなく、女性主体の避妊が可能です。

デメリットは、挿入の際に痛みや出血を伴うことや、細菌感染などの危険性があること、医師による装着・除去が必要なことです。子宮内に異物を入れるため、ある程度の痛みや出血がある可能性があります。時にそれらの症状が継続することで交換を余儀なくされることもあります。細菌感染を起こす可能性もあるため注意が必要です。

不妊手術の避妊効果

不妊手術は、半永久的に生殖能力を失わせる避妊法です、男性に対して行う不妊手術と、女性に対して行う不妊手術があります。

男性の不妊手術は、精管を切除して断片を閉じ、精液中に精子が含まれないようにする手術です。ただし、ごくまれに再精通といって、途中で切られた精管が再びつながり妊孕性が回復してしまう可能性があります、その際は再手術が必要です。

女性の不妊手術には、卵管を切除したり、卵管を摘出したりする手術があります。また、帝王切開中などに卵管結紮といって卵管を塞ぐ場合もあります。卵管が全て摘出されると妊娠は不可能となりますが、卵管を残した場合は以後10年の間で妊娠する確率は2%で、そのうちの3分の1は異所性妊娠になります。

不妊手術のメリット・デメリット

不妊手術のメリットは、子どもを希望しない家庭やカップルが避妊のことを考えなくてもよいことが挙げられます。不妊手術をすることで避妊を気にする必要がなくなるため、子どもを産み終えた女性や子どもを持つ気がない家庭やカップルにとっては最適な避妊法です。

デメリットは、子どもを持ちたいと思っても子どもを持てないことが挙げられます。不妊手術を行うと妊孕性を回復させるのは非常に困難です。もし不妊手術を希望するときは、後悔しないようパートナーや医師とよく相談して検討しましょう。

リズム法の避妊効果

リズム法とは、基礎体温から導き出される排卵日を避け、妊娠しづらい日を選んで性行為を行うことです。女性の基礎体温は低温期・高温期に分けられており、二相性を示しています。

その二相性に切り替わるタイミングで排卵が起こるため、タイミングさえ特定できれば翌々日からは妊娠する可能性が低くなります、しかし、基礎体温は、体調や気温の変化で左右されやすいことから、排卵日を特定することは非常に困難です。そのため、リズム法の避妊効果は高くありません。あくまでも補助的な避妊法であるため、他の避妊法と一緒に行うことを検討してみましょう。

リズム法のメリット・デメリット

リズム法のメリットは、基礎体温計があれば気軽に始められることです。また、自分の生理周期を知ることで自分の体調変化にも気づけるようになることもメリットとして挙げられます

デメリットは、正確に基礎体温を測るのが難しいことや、避妊効果としては高くないことが挙げられます。基礎体温は、多少の体調変化や、基礎体温の測り方、気温の変化などで変動します。そのため、正確に測ることは難しく、排卵日を特定することは至難の業です。

また、ストレスや睡眠不足などで排卵日がずれることも考えられます。排卵日を特定するには、産婦人科に行き、超音波検査が必要になりますが確実ではありません。

アフターピルの避妊効果

避妊に失敗した場合や望まない性行為があった場合、緊急に避妊をする目的でアフターピルが使用されることがあります。アフターピルには3種類あります。

1つ目は日本で主流のノルレボ錠で、主に排卵を抑制する効果があります。72時間以内に服用することで高い避妊効果を得られ、12時間以内では99%の避妊効果が認められます。

2つ目は海外で主流のエラワンで、排卵を遅らせたり着床しにくくしたりする効果があります。120時間以内に服用すれば99%の避妊効果が見られます。また、ノルレボ錠と異なり、時間が経っても避妊効果は落ちません。

3つ目は、従来から使用されていた緊急避妊薬でヤッペ法といいます。ノルレボ錠やエラワンよりは効果は劣り、しばしば嘔吐や吐き気などの副作用が見られます。

こちらのアフターピルを使用するのは、やむを得ない場合のみです。「アフターピルがあるから大丈夫」と後先考えずに性行為を行うことはやめましょう。また、日頃から避妊についてパートナーとよく話し合うようにすることが大切です。

アフターピルのメリット・デメリット

アフターピルのメリットは、避妊に失敗した場合や望まない性行為をした場合に、妊娠を防ぐための方法として高い避妊効果があることでしょう。性被害に遭ってしまった女性や、妊娠を希望しない女性など緊急を要する場合に活用できます。

デメリットは、金銭的に高価であることが挙げられます。病院によって価格も異なりますが、アフターピルは病院で処方してもらう必要があり、最低でも10,000円以上します。また、ヤッペ法は、副作用が出ることが多く、吐き気止めを処方されることもあります。そのため、アフターピルはあくまでも緊急の避妊法として考えるようにしましょう。

避妊に関する誤った知識

手軽に情報が手に入る昨今では、避妊に関する誤った知識が広まっています。例えば、「安全日」に関する情報です。基本的に、健康で妊娠できる能力がある女性にとって排卵の可能性が少ない「安全日」はありません。

先述した通り、排卵は少しのきっかけでずれる場合があります。妊娠しにくいと思っていても排卵がずれることで妊娠してしまう可能性は十分にあるのです。妊娠を望まないのであれば、必ず避妊するようにしましょう。

また、「膣外射精」も同様に避妊ではありません。膣内で射精をしなければ受精しないという考えから膣外射精を行う方がいますが、射精前に出る透明のカウパー腺液にも精子は含まれるため、受精の可能性は少なからずあります。これらの避妊に関する間違った知識は非常に問題があるため、認識を改めましょう。

避妊効果を高めるためにできること

避妊効果を高めるためには、デュアル・プロテクションが効果的です。デュアル・プロテクションとは、避妊効果を十分に高めるためにアフターピル以外のいずれかの避妊法を併用することを指します。例えば、ピルを使用しつつ、性感染症を防ぐためにコンドームを使用するなどが挙げられます。デュアル・プロテクションによって避妊効果をより高めて十分に避妊しましょう。

まとめ

避妊を理解することは、子どもを持つかどうかという今後のライフプランを考えるために非常に重要です。さまざまな避妊方法とそのメリット・デメリットを知り、自分にあった避妊方法を見つけましょう。

また、避妊について何より重要なことは、パートナーと避妊についてよく話し合うことです。妊娠と性行為は切っても切り離せないため、相手を大事に想うのであれば、一度避妊についてパートナーと話し合ってみましょう。