性病の治療|治療方法や期間、費用、保険適用について解説

この記事を監修した医師
近都真侑
近都 真侑 
産婦人科医・産業医

近畿大学医学部卒業し、その後名戸ヶ谷病院で初期研修を経て千葉西総合病院と昭和大学の産婦人科にて勤務。ヤフー株式会社にて専属産業医を経て、JR東日本や株式会社ココナラなど述べ20社の産業医を歴任。

この記事を監修した医師
川原正行
川崎駅前レディースクリニック院長 / 産婦人科専門医・母体保護指定医

1998年岡山大学医学部卒業。岡山大学病院、広島中電病院、福山医療センターでの産婦人科研修を経て、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)にて医薬品・医療機器の承認審査に従事。こうのとりレディースクリニック、新宿レディースクリニックにて勤務の後、2021年より川崎駅前レディースクリニック院長。

性器周辺に違和感があるときや排尿時に痛みを感じるとき、なかには性病を心配される方がいるのではないでしょうか。

ここでは性病の治療について知りたい方に向けて、疾患ごとにその特徴や治療方法、治療期間についてご説明します。

ご自身はもちろん大切なパートナーを守ることや、円満なコミュニケーションを図るためにも役立てていただけたら幸いです。

性病とは

性病とは感染症の一つであり、感染している人との性交渉によって原因菌やウィルスが体内に入ることで起こります。

そのため、性病のことは性感染症とも呼び、英語ではSTD(Sexually transmitted infection)やSTI(Sexually Transmitted Infections)とも呼ばれています。

おもな感染経路は唾液や血液、精液、その他の体液など、感染した人から出される体液です。

性病は何科で治療できる?

性病は性感染症内科、女性なら産婦人科や婦人科、男性であれば泌尿器科にかかりましょう。
咽頭クラミジアのように、喉に感染症が起こった場合は耳鼻咽喉科にかかってもよいでしょう。

性病の治療方法と治療期間

ここでは性病の種類ごとに治療方法と治療期間についてご説明します。
以前は性病というと梅毒、淋病(淋菌感染症)、陰部にこぶと激痛が現れる軟性下疳や股間のリンパ節が腫れる鼠径リンパ肉芽腫などが代表的でした。

現在では多様な性感染症が存在しているため、ここでは淋菌感染症や梅毒に加えてクラミジア・カンジダ症・性器ヘルペス・膣トリコモナス症・HPV(ヒトパピローマウィルス)・尖圭コンジローマについて説明します。

淋菌感染症

淋菌感染症は淋菌の感染により起こる感染症で、淋病とも呼ばれています。淋病性咽頭炎や淋病性直腸炎が起こり、男性の場合は尿道炎、女性では子宮頚管炎や淋病性結膜炎といった症状も現れます。

おもな治療方法は、抗菌薬の経口投与や筋肉注射などです。
治療期間は2週間〜3週間であることが多く、その後も経過の確認がされるでしょう。
最近では抗生物質が効かない耐性菌も存在するため、治療後も油断は禁物です。

梅毒

梅毒は、梅毒トレポネーマという菌の感染により発症する性病です。症状は感染から約3週間後・数ヶ月後・数年後と段階的に現れます。

現在では早期に発見できれば治療法があるものの、以前は感染すれば死に至る病気として知られていました。

治療期間は感染後いつから治療を行なうかで異なります。
感染から3か月までであれば2週間〜4週間、感染から3か月〜3年までであれば4週間〜8週間、感染から3年以降であれば8週間〜12週間にわたります。

治療方法はペニシリン系・テトラサイクリン系・マクロライド系の抗菌薬を服用することが一般的です。

クラミジア

クラミジアは、クラミジア・トラコマティス(Chlamydia Trachomatis)という病原菌が感染することにより発症する病気で、性病のなかでも非常に感染者の多い病気です。

症状は膣・喉・尿道に起こりますが、症状として認識されないこともあります。
女性ではおりものが増える・不正出血・下腹部の痛み・性交中の痛みが起こり、男性では尿道のかゆみ・排尿時の痛み・少量の分泌液が尿道から出る・精巣上体が腫れるといった症状が現れます。

治療期間は1日〜7日ほど飲み薬を使用し、それから2週間後に検査を行ない陰性であれば治療完了となります。
陰性の確認が出るまでは性行為はできません。自己判断で服用をやめずに、検査の結果が陰性になるまで治療を続けることが大切です。

治療にはアジスロマイシンやクラリスロマイシンなどの抗菌薬の飲み薬が使用されます。1週間ほどの服用で済む方もいれば、2週間〜4週間かかる場合もあります。

カンジダ症

カンジダ症は膣カンジダとも呼ばれており、カビの一種である真菌の感染により起こります。
症状はおもに膣炎であり、強いかゆみや性交時に痛みを感じるでしょう。おりものは量が増えること、クリーム状やボロボロした形状になることが挙げられます。

カンジダは口や膣の中に常に存在する常在菌です。疲れて免疫力が低下したときや、ホルモンバランスが変化したとき、下着の締め付けで湿度が高いときなどに症状が出ますので、必ずしも性行為が原因とは限りません。

治療期間は1週間ほどです。かゆみは2日〜3日ほどで穏やかになることが多いでしょう。
治療には膣錠が処方されます。症状の部位によってお薬が変わりますので、抗真菌薬の軟膏や内服薬が処方されることもあるでしょう。

男性の発症は多くありませんが、尿道の違和感やかゆみ、排尿時の痛み、分泌液、性器がカサついたり赤みを帯びたりします。男性では軟膏や内服薬が処方されるでしょう。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスにより発症する感染症です。ヘルペスウイルスは口と性器に感染するため、性器に感染して症状が出たものを性器ヘルペスと呼びます。

症状は外陰部がただれたり、水ぶくれができたりします。感染したからといって常に症状が出るものではありませんが、症状が出ていないからといって感染力がないともいえません。そのため、感染の自覚がないまま誰かに感染させてしまう可能性があります。

治療期間は約2週間〜4週間です。適切に治療を行なうことで治りが早くなります。
治療方法は、基本的に内服薬を1週間前後にわたって使用します。症状の重さによっても治療方法は異なり、軽度なら軟膏、重度なら入院や点滴が必要な場合もあります。

膣トリコモナス症

膣トリコモナス症は、性器にゾウリムシのような0.1mmほどのトリコモナスと呼ばれる原虫が入り込むことで発症する炎症です。
性交渉以外にも、衣類や便座、浴室などからも感染することがあり、ときには子どもや家族に感染することもあります。

症状は臭いが強い褐色や黄緑色のおりもの、性器周辺のかゆみや熱く感じるような痛みが挙げられます。2割〜5割の人が感染しても症状が出ませんが、治療を行なわずに炎症が卵管まで進むと不妊症や流産に影響することもあるため、注意が必要です。

治療には内服薬や膣錠が処方され、治療期間は約10日になります。

HPV(ヒトパピローマウイルス)

HPVは性交渉のときにほとんどの男性と女性が感染する一般的なウイルス感染です。

感染しても約9割の方が自然治癒しますが、ウイルスが排除されずに長期間にわたって感染したままだと尖圭コンジローマや子宮頸がんなどの発症につながる恐れがあります。

子宮頸がんの発症につながった場合は症状がみられにくいためすぐに発見されない可能性があります。早期発見を行なうために定期的に子宮がん検診を受けることが大切です。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは感染から3週間〜8週間で性器にイボのような腫瘍ができる感染症です。再発しやすいことが特徴であり、症状が進むとかゆみ・排尿時や性交時の痛み・熱などが起こります。

治療方法は局所麻酔を行なったあとに病変分の切除や電気メスによる焼却などの外科的な治療を行なうこと、また軟膏を塗布することが挙げられます。

治療期間は焼却後3日〜4日ほどで状態が良くなることが多く、軟膏の場合は短くて2か月ほどかかります。免疫力が落ちた時に再発することや、潜在感染が続いていることもありますので、治療後も約3か月は経過を観察する必要があります。

性病は保険適用になる?

まず検査について、性病の症状がない方が性病を心配して検査を受ける場合は保険適用とならず、自由診療となってしまいます。

症状がある方や他院の検査で陽性となった方は、検査費用、治療費ともに保険適用となります。

保険が適用されると自己負担の料金が安くはなりますが、匿名での受診をしたい場合は保険証を使わない自費診療を選択しましょう。

性病の治療にかかる費用の目安

性病の治療は保険適用となるため、1,000円〜2,000円前後の自己負担で済むことが多いでしょう。

保険が適用された場合の検査費用と治療費を合計すると、1,500円〜5,500円の範囲が目安になります。

自由診療で治療を行なう場合は医療機関によって異なりますが、10,000円〜20,000円になることがあります。

性病に見られる初期症状

女性の場合はおりものの量や臭いの変化、性器周辺にかゆみや痛み、不正出血、不快感があることが多いでしょう。また、排尿時や性交時に痛みを感じることもあるかもしれません。

排尿時の痛みは男性の性病でもみられやすく、性器のかゆみや不快感を持つことがあるでしょう。

梅毒のように痛みがないのにしこりやただれが見られる場合や、尖圭コンジローマのように感染していても症状が現れないこともあるため、痛みや不快感などがなくても油断は禁物です。

また、口の中に違和感や水ぶくれができることもあります。皮膚に発疹や、リンパ節の腫れ、発熱といった性器以外に症状が現れる可能性も覚えておきましょう。

まとめ

性病の治療について、性病の種類や症状から、治療方法、治療期間についてご説明しました。

治療方法は感染症の種類によって異なりますが、抗菌薬の内服や軟膏により治療することが多く、場合によっては膣錠や外科的な治療を行ないます。

症状がない場合の検査費用は自費診療になってしまいますが、症状があれば検査も治療も保険適用となります。
匿名で検査を受けたい場合は自費診療を選ぶこともできますので、受診したことをどうしても周りに知られたくないという方は手段の一つとして覚えておくとよいでしょう。

性病のなかには治療を放っておくと命に関わるものや、性行為をしていない人に感染させてしまうものがあるため、早期に発見して適切に治療することが大切です。