logo mark

FAQ

FAQ

検査キットの
発送・受取方法

どのような支払い方法がありますか?
クレジットカード決済またはAmazonPayでお支払いいただけます。
送料はかかりますか?
送料無料です。
検査キットを購入した後、別にかかる費用はありますか?
検査キットの価格には、検査料や検査物返送時の郵送料など、検査結果をご覧いただくまでの全ての料金が含まれています。ご注文時にお支払いいただく代金以外に料金が発生することはありませんので、ご安心ください。
インターネットで購入したくありません。電話による注文はできますか?
お電話でのご注文は承っておりません。
商品を受け取る時、中に何が入っているかが、外から見てわからないようになっていますか?
外装から、検査キットであることがわからない梱包になっていますので、ご安心ください。

検査の手順・採取方法

FemCHECK(フェムチェック)とは、どのようなサービスですか?
婦人科医監修のおりもの郵送検査キットです。キットの中に入っている「採取器具」で、検査物を採取して送り返すと、数日後にWEBで検査結果を確認することができます。
FemCHECK(フェムチェック)は他の性病検査キットと何が違いますか?
FemCHECK(フェムチェック)キットは女性のおりもの・膣内状態を調べる目的で産婦人科医師によって開発されたオンライン検査キットになります。一般的な性感染症(膣内)のチェックのみならず、膣内の炎症、臭いのリスク、最適な治療薬に関する情報などを総合的に得る事が可能です。
複数項目の検査項目について、時期を分けて検査を受けることはできますか?
時期を分けて検査を受けることはできません。
使用期限はありますか?
検査キットの有効期限はご注文から約6ヵ月となります。
注文してから、どれ位の日数で検査結果がわかりますか?
ご返送された検査物を検査機関で受け取り後、最短3日後に結果が出ます。検査結果はスマートフォンでWEBで確認することができます。
検査物をどのように採取すればよいかわかりません
下記、採取方法説明ページにわかりやすく解説しておりますので、簡単に採取できます。〜〜〜URL掲載する〜〜〜
検査物はいつ採取してもいいのですか?
採取する時間によって、検査の結果がかわることはありません。いつでもご都合のよい時に採取してください。
FemCHECKでは男性の性感染症も検査できますか?
FemCHECKは女性専用の検査キットとなりますので、男性の性感染症には対応しておりません。
生理中でも検査は受けられますか?
生理中は検査をすることはできますが、経血が多い時は可能な限り避けてください。

検査の信頼性
個人情報保護

注文した時の個人情報は守られていますか?
弊社では、検査に関わる業務サービスを遂行するにあたり、お客様の個人情報の重要度を認識し、漏洩の無いよう厳重に管理いたしております。https://s.luna-dr.com/31gFwwt
検査結果が「陽性(感染している)」であった場合、名前などが別の機関に報告されるのですか?
お客様の検査結果を国や医療機関など、第三者に報告することは一切ございません。(検査は匿名で実施しております。)
「匿名検査」とは? 検査申込書に、名前や住所の記入は必要無いのですか?
検査を受けていただく際、お名前やご住所は必要ありません。検体採取器具に貼り付けていただくIDコードで管理します。
FemCHECKの検査は信頼できるものですか?
検査は、医療機関や保健所などと同じく、認可を受けた「登録衛生検査所」で行っておりますので、ご安心ください。
検査で陽性(+)の場合、病院を紹介してくれますか?
提携クリニックでのオンライン診療をご利用いただけます。オンライン診療では自宅にいながら、お薬の処方から治療までサポートします。クリニックでの対面診療をご希望の方には、提携クリニックのご紹介も可能です。
検査で陽性(+)の場合、オンライン診療を受診したい場合どうすればよいですか?
陽性の場合は検査結果ページよりオンライン診療をご案内いたします。
検査で陽性(+)の場合、治療するための薬はもらえますか?
オンライン診療ではお薬の処方を行なっており、お薬はお客様のご自宅へ郵送でお届けできます。
検査で陰性(-)の場合オンライン診療を受診することは可能ですか?
可能です。結果画面よりオンライン診療をご案内しております。

病気や検査の悩み

おりものの様子がいつもと違います。病気でしょうか?
おりものの異常はカラダのSOSかもしれません。いつもと色が違う、形状が違う、かゆみがあるなどを感じた場合は病気の可能性もあるため、早めの検査をおすすめします。
いろいろな性感染症について、詳しく知りたいです。
みなさまに正しい知識を知っていただき、今後の予防に繋げていただけるよう、性感染症やその関連の病気について分かりやすく解説しています。https://luna-dr.com/femcheck/about/#about_check
症状が無ければ、性感染症の検査は必要ないですか?
感染していても、症状が出にくかったり、気づかなかったりすることがあります。自分の感染に気づかないでいると、知らない間にパートナーに感染させたり、病気が進行して不妊症の原因になったりすることがあります。感染の機会があった時は、検査を受けることがとても大切です。
パートナーが性感染症に感染しました。自分はどうすればよいですか?
精液、腟分泌液、血液、患部組織などに、原因となる細菌やウイルスなどが含まれていますので、性行為の際にコンドームなどで予防していなければ、感染の可能性が出てきます。この場合は、ご自身も検査することをおすすめします。
陽性だった場合、検査結果を病院に持参すれば、病院で再検査を受ける必要はないですか?
FemCHECKがご紹介する提携機関での診療では再検査は必要ありません。他機関で治療を受けられる場合、医師の治療方針によっては、再度検査を行う場合がありますので、その方針に従っていただきますようお願いいたします。
共同浴場の椅子でうつるって本当ですか?
性感染症は、病原菌を含む精液、腟分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染がおこるので、一般的に共同浴場での感染は考えられません。
使用したホテルの玩具が消毒されていなかったら性感染症はうつりますか?
性感染症は、病原菌を含む精液、腟分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染がおこるので、一般的にはうつらないと考えられます。気になるようであれば使用前に洗浄しましょう。
感染を予防するために何をしたら良いですか?
最も現実的な予防法は「コンドームを正しく使用する」ことです。その他、セックスの相手を限定し感染の可能性を減らすことも感染リスクを下げることにつながります。
妊娠したら子供にも感染しますか?
妊娠しているときに性感染症に感染すると、子どもに感染する場合があります。妊婦健診で性感染症の検査も行いますので、必ず妊婦健診を受けましょう。
同性との性行為で感染する場合はありますか?
あります。性感染症は、性行為の際に起こる粘膜同士の接触や精液・腟分泌物液などを介して感染する病気です。男性同士・女性同士の性行為であっても、上記の接触があれば、感染する可能性があります。
パートナーは1人だけです。性感染症に感染する可能性はありますか?
性病検査を受けてお互いが感染していないことが確認できていれば、感染の可能性はありません。確認できていなければ、たとえ相手が一人でも、性感染症に感染する可能性はあります。

各検査項目に関して

パートナーの治療も必要ですか?
精液、腟分泌液、血液、患部組織などに、原因となる細菌やウイルスなどが含まれていますので、性行為の際にコンドームなどで予防していなければ、感染の可能性が出てきます。この場合は、パートナーも検査することをおすすめします。
検査結果は正しいですか?
検査は、医療機関や保健所などと同じく、認可を受けた「登録衛生検査所」で行っておりますので、ご安心ください。
FemCHECKは他社の性感染症検査キットの違いは何ですか
FemCHECKは婦人科医監修で、女性のおりもの異常に特化した検査キットです。検査結果が陽性の場合は、婦人科医によるオンライン診療〜お薬の処方〜治療までアフタフォローもしっかり完備しています。

ご購入はこちら