低用量ピル「ファボワール」とは?効果や副作用・服用方法を説明

この記事を監修した医師
近都真侑
近都 真侑 
産婦人科医・産業医

近畿大学医学部卒業し、その後名戸ヶ谷病院で初期研修を経て千葉西総合病院と昭和大学の産婦人科にて勤務。ヤフー株式会社にて専属産業医を経て、JR東日本や株式会社ココナラなど述べ20社の産業医を歴任。

この記事を監修した医師
川原正行
川崎駅前レディースクリニック院長 / 産婦人科専門医・母体保護指定医

1998年岡山大学医学部卒業。岡山大学病院、広島中電病院、福山医療センターでの産婦人科研修を経て、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)にて医薬品・医療機器の承認審査に従事。こうのとりレディースクリニック、新宿レディースクリニックにて勤務の後、2021年より川崎駅前レディースクリニック院長。

ファボワールは、避妊用の低用量ピルである「マーベロン」のジェネリック(後発薬品)です。

この記事では、ファボワールの特性や効果・副作用、ファボワール21とファボワール28の違いについて詳しく解説します。

低用量ピル「ファボワール」とは

低用量ピルである「ファボワール」は、避妊用のピルとして発売されている「マーベロン」のジェネリック(後発薬品)です。

含まれているホルモンが、エチニルエストラジオール0.03mgとデソゲストレル0.15mgなので、ホルモン量の分類では「低用量」、黄体ホルモンの種類では「第3世代」に分類されます。

また、ホルモンの量がどの錠剤も同じになっている「1相性」なので、服用している最中のホルモンの変動が起きにくいタイプになります。

ホルモンが含まれている錠剤を「実薬」と言い、ホルモンが含まれていない錠剤を「偽薬」と言います。実薬21錠のみの「ファボワール21」と、偽薬が含まれている「ファボワール28」があります。

低用量ピル「ファボワール」の効果

低用量ピルの主な効果は、排卵抑制による避妊効果です。

これ以外にも、ホルモンバランスを整えたり、生理を軽くしたりする副効用があります。

99.7%で避妊できる

避妊薬として発売されていますから、主な作用は「避妊効果」です。一定時刻に毎日服用することによって、脳から排卵の刺激が出ないようにコントロールします。飲み忘れや飲み遅れがなければ、高い確率で排卵を抑えられますので、避妊効果が得られます。

正しい方法で服用した場合の避妊「失敗率」は、パール指数で「0.3」と示されているものが多く、逆に言えば99.7%の高い避妊効果が期待できるということです。

ただし、飲み忘れたり、ひどい下痢などで薬剤の吸収が阻害されたりすると、避妊効果が下がってしまう場合があります。

ニキビを改善できる

避妊効果以外にも「副効用」としていくつかのメリットがあります。

そのうちのひとつが、「ホルモンバランスを整える」という作用です。錠剤に含まれている2種類の女性ホルモンを一定量取り込むことによって、ホルモン不足の状態がある場合はそれを改善させます。ホルモン不足によって肌が荒れていた場合は、ピルを飲むことでニキビが改善したりすることもあります。

また、排卵を抑えるため、生理前のホルモンの「波」がなくなり、生理前に出やすい様々なトラブルが改善することがあります。これによって、生理前にできやすいニキビが減るという人もいます。

ほかのピルに比べて、ファボワールが特別ニキビ治療に有効であるというデータはありません。

生理痛を軽減できる

ピルの主な作用は「排卵抑制」ですが、子宮内膜を薄く保つという効果もあります。子宮内膜は生理の時にはがれて出てくる部分なので、この内膜の厚みが薄ければ、出血量も減っていきます。

生理痛の原因のひとつが、子宮内膜で作られる「プロスタグランジン」という痛みの伝達物質です。内膜が厚いほど作られるプロスタグランジンも多くなります。ピルによって内膜が薄く保たれると、プロスタグランジンも減るため、ピルによって生理痛が軽くなるのです。

低用量ピル「ファボワール」の副作用

ファボワールに限らず、低用量ピルの副作用には以下のようなものがあります。

  • 吐き気
    ピルに含まれるホルモンのうち、「卵胞ホルモン」によって引き起こされることが多い副作用です。飲み初めの1~2週間に出やすく、継続して服用していくうちに治まることが多い症状です。
  • 頭痛
    吐き気と同様に「卵胞ホルモン」によって引き起こされやすいマイナートラブルです。もともと頭痛持ちの人は、普段の頭痛より頻度が増える場合があります。頭痛も飲み初めに出現することが多く、継続していくうちに軽くなる場合もあります。
  • 不正出血
    1シート目を月経初日や2日目から服用し始めた場合によく見られる症状です。2シート目以降は頻度が減るため、不快な症状が不正出血のみの場合は、3シートは同じ種類で継続してみるとよいでしょう。飲み遅れや飲み忘れがあると、不正出血が起きやすくなります。
  • むくみ
    含まれている「黄体ホルモン」との相性によっては、むくみが出る人がいます。服用を継続するうちに軽減する場合もありますが、黄体ホルモンの種類を変えると改善する場合がありますので、むくみが強い時は種類の変更を検討するとよいでしょう。
  • 乳房のはり
    飲み初めに、生理前(高温期)のような乳房のはりが出ることがあります。服用を継続するうちに軽減することが多いので、2~3シート様子を見ても問題ない症状です。
  • 血栓症
    頻度は非常に低いですが、ピルの副作用の中で最も注意が必要なトラブルです。血管の中で「血栓」という血の塊ができて、重要な血管に詰まってしまうものです。血栓のリスクになるのは、喫煙・片頭痛・肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症などです。特に喫煙は血栓症リスクを非常に高めてしまいますので、ピルを服用する場合は完全な禁煙が必須となります。

低用量ピル「ファボワール」の服用方法

ファボワールの服用方法の基本は、「実薬」と呼ばれるホルモンが含まれている錠剤を21日間服用し、その後7日間休薬するか、休薬期間に「偽薬」と呼ばれるホルモンが含まれていない錠剤を服用します。

ファボワール21の場合

ファボワール21は、実薬のみが含まれた薬剤です。

1錠目から21錠目までを、毎日1錠ずつ一定の時刻に服用し、1週間は休薬をとります。休薬中に、月経のような出血=消退出血が起きます。

1週間休薬した翌日から、次のシートを開始します。

ファボワール28の場合

ファボワール28は、実薬21錠と偽薬7錠が含まれた薬剤です。

1錠目から21錠目を服用したら、そのまま続けて22錠目~28錠目の偽薬を服用します。偽薬の服用期間中に消退出血が起きます。

28錠目まで服用したら、「薬を飲まない期間は設けずに」次のシートを開始します。

低用量ピル「ファボワール」を飲み忘れた場合の対処法

飲み忘れのタイミングや、何錠飲み忘れたかによって、対処方法が異なります。

(1) 1錠の服用を忘れた場合(直前の実薬服用から 24 時間以上 48 時間未満経過した場合)

避妊効果を維持するためには、以下の点に留意する必要があります

  • 飲み忘れた錠剤をなるべく早く服用する
  • 残りの錠剤は予定通りに服用する

妊娠確率を最小化するために、緊急避妊は通常必要ありませんが、シートの最初、もしくは最後の錠剤を飲み忘れた場合には検討してもよいとされています。

(2) 2錠以上の服用を忘れた場合(直前の実薬服用から 48 時間以上経過した場合)

避妊効果を維持するためには、以下の点に留意する必要があります。

  • 飲み忘れた錠剤のうち直近のものをなるべく早く服用する
  • 残りの錠剤は予定通りに服用する
  • 7錠以上連続して服用するまでコンドームを使用するか,性交渉を避ける

妊娠確率を最小化するために、次のような対処が必要です。

1) 第1週に飲み忘れた場合
休薬期間または第 1 週に性交渉を行った場合には緊急避妊を検討する

2) 第2週に飲み忘れた場合
直前7日間に連続して正しく服用した場合には緊急避妊は必要ない

3) 第3週に飲み忘れた場合
休薬期間を設けず,現在のシートの実薬を終了したらすぐに次のシートを始めます。

低用量ピル「ファボワール」の価格

ファボワールは自費のピルのため、病院で自由に価格が設定できます。そのため、1シートの価格は病院ごとに異なります。

2,500円~3,000円くらいが相場になっていますが、病院によっては「学割」制度を設けており、学生だと2,000円くらいで購入できるところもあります。

低用量ピル「ファボワール」のに関するよくある質問

低用量ピル「ファボワール」に関して、よくある質問をまとめました。

第何世代の低用量ピルなの?

ファボワールに含まれている「黄体ホルモン」は、「デソゲストレル」と呼ばれる第3世代の成分です。

避妊効果はいつから?

月経初日や2日目から服用を開始した場合は、1錠目から避妊効果が得られます。

それ以降の日から開始した場合は、7日間継続的に服用した後から避妊効果が得られます。

飲み初めはいつから?

月経初日、または5日目までに服用を開始することが推奨されています。

排卵後に服用を開始しても問題はありませんが、避妊効果は得られません。

服用すると太る?

含まれているホルモン量が非常に少ないので、低用量ピルのせいで「太る」ということはありません。

ただ、むくみのせいで1~2㎏の体重の変動がみられる場合があります。

まとめ

ファボワールは、避妊用のピルであるマーベロンの後発薬品(ジェネリック)です。服用すれば高い確率で安全に避妊ができます。

低用量なので副作用は比較的起きにくくなっていますが、ホルモンの種類によって合わない人もいるので、気になる症状が出たらまずは婦人科で相談してみましょう。